医療業界の課題と改善案

医師の数に地域格差が生まれていることは、医療業界の課題だと言われている。医師にも住みたい地域や働きたいエリアがあり、選ぶ権利はある。そのため、医師が確保できない地域が生まれてしまうのだ。

しかし、医師の自由意思にただ任せているだけでは、医師は都会に集中してしまい、田舎には集まらなくなってしまうだろう。とはいえ、医師の勤務地を強制的に指定することはなかなか難しい。そこで、課題の改善案として、医師不足の地域に魅力的な条件を付けることが挙げられる。例えば、待遇に不満がある医師であれば、給料や勤務条件を魅力的なものに改善するという方法だ。医師不足の地域に住むことに魅力を感じられるようになれば、医師が自然と集まる可能性があるはずだ。

また、その他にも、大学を出た医師が自由に病院を選ぶのではなく、卒業後ある程度の期間は指定された地域の病院に勤務するシステムを確立することだ。それが実現できれば、毎年医師免許を手にした新人が誕生するので、医師不足になる地域はかなり減るだろう。卒業後の勤務先はランダムに決めるようにすれば、医師不足解消につながるのではないだろうか。

さらに、医療業界では、技術の地域格差も課題になっているが、この課題に対する改善案は、遠隔医療を実現することだと私は思う。遠隔医療であれば、高度な技術を持つ専門医が診療をすることが可能になる。さらに、近年は医療技術が進歩しているので、医師が遠隔でロボットを操り手術を行う日もそう遠くはないだろう。このような遠隔医療が進めば、技術格差も解消されるはずだ。

Comments are closed.