離職を検討中のナースたちへ!

せっかく看護師の資格を取得し、現場で頑張っていても、離職する看護師は後を絶たない。看護師は専門の養成学校に通って看護に関する知識を得た後に国家試験に合格しなければならない専門職だが、仕事のハードさから長続きしない人も少なくないようだ。また、女性が多い職種なので、結婚や出産を機に医療業界を去る人もいる。しかし、看護師の資格と経験は大きな財産になるため、視点を変えて考えてみてほしい。

救急医療相談の電話受付のようなコールセンターでは、看護師の採用も積極的なので、病院勤務が辛くなったら検討してみると良いだろう。また、病院のような人間関係の複雑な組織ではストレスを感じてしまうという人は、訪問看護や訪問入浴など、組織との関係が薄い戸別訪問の仕事を選ぶという選択肢もある。

さらに、心身にゆとりのある仕事を希望する場合は、介護施設の仕事もおすすめだ。介護施設の中には、看護師を常駐させて入所者の健康管理を任せているところもある。健康管理の仕事なら、病棟勤務のようにハードになることはないので、負担を感じることはなくなるだろう。

ただし、このような仕事の多くは、常勤よりも非常勤の求人が多いので、収入にこだわりたい看護師には向いていないかもしれない。あくまで、ワークライフバランスを重視し、シンプルな人間関係の下で働きたい方向けだといえるだろう。また、医療の最前線から外れてしまうので、スキルアップも難しいかもしれない。しかし、看護師の離職問題は、医療現場では大きな問題になっているので、これを解消するためには、医療機関の努力も大切だが、各看護師の働き方改革も重要なのではないだろうか。

Comments are closed.